たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
2022年は 『心』
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

今日は1月15日ですが...明けましておめでとうございます
2022年、最初のブログです

今年、自分が意識したいことを漢字一文字で表すと、『心』です。
医院のリーダーとして自分に不足しているのが、心を整える、心を豊かにする、心を強くするといったこと。
そのために必要なのが、平常心、向上心、好奇心、不動心だと考えます。

2022年は、コロナ禍で見えなかったこと・止まっていたことが、一気に動き出すように思います。
世の中の動きに取り残されないよう、視野を広くし・心を整え、日々の診療とともに医院運営にあたります。

また今年は、院内の福利厚生を充実させます。
常勤やそれに準じるスタッフが加入する歯科医師国保の保険料を、医院で半額負担にします。
すでに保育料の一部を医院で負担していましたが、その負担割合も変えていく予定です。

実はコロナ禍でも昇給してきたのですが、
それに応じて厚生年金保険料や税金が上がり、給料が上がった実感がスタッフには薄いと感じたことがきっかけです。

ドン と昇給できるほど余裕はない(スタッフが多いため、厚生年金の事業者負担が大きい... ) ので、
(スタッフのお得感には賞味期限があるでしょうが)歯科医師国保の保険料を医院で半額負担するという策を取ったわけです。

原材料不足などで今年は様々な値上がりが相次ぐと予想されるため、
患者さんを歯科疾患から守るとともに、スタッフも守っていかねばなりません。
afterコロナ/withコロナの時代には、スタッフに優しい医院づくりが必須だと思うのです。

最後になりますが、
再び、コロナの感染が拡大傾向にあります。
以前ほど重症化しないようですが、感染対策を徹底しながら、日々過ごしていきましょう

それでは今年もよろしくお願い申し上げます

医院変革・改装 | 【2022-01-15(Sat) 16:30:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2021年を振り返る (後編)
兵庫県宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

冬至の昨日、当院の今年を振り返りましたが、今日はその後編です。

7月: 母のことで色々大変...
炭治郎風に言うと、俺は長男だから...

一緒に病院に行く回数が増え、かなり悩みましたが、一番良いと思われる選択をしたつもり
しかし、親のことって大変
メンタルが弱り、日々の が増えてしまったな...
看護職員が24時間常駐する施設は高額なので...
思ったのが、『健康第一・お金も大事』

そんな7月末、私が勝手に阪大時代の戦友と位置づけている新潟大学のN教授から連絡があり、
日本歯科保存学会・秋季学術大会の衛生士セッション(症例発表)に演題を出すことにしました。

8月: 症例の選択と抄録の提出
9月: 発表用ポスター作成
10月: WEBでの学会開催
介護付き有料老人ホームに入居することを決めた母をサポートをしながら、日々の診療をして、学会発表の準備。
は発表のポスターですが、公私ともに忙しい日々が意外と楽しかった
ブログ
20年前の阪大時代を思い出した感じ

そして夏から秋にかけて、
息子が国家試験をパスして社会人の第一歩を踏み出すことになったり、娘が専門課程に重きを置いた生活にシフトしたりと、変化に満ちた時期でした。

11月: 医院組織図改変とスポーツデンティスト実習
当院では、統括主任・衛生士総主任・主任・副主任といった役職がありますが、組織図に挙がる人数を絞りました。そして高校生の頃からバイトで来ていて、衛生士になってからも当院に勤務しているSさんに、副主任をお願いしました。
主任のOAさんのことは聞いていましたが、副主任のOSさんまで来年抜けるとは想定していませんでした...
しかし、今考えると組織図改変は、いいタイミングだった思います。

また、日本スポーツ協会公認・スポーツデンティストへの最後の関門であるオンライン実習を終えました。作製したマウスガードを期日までに送ったので、来春、吉報が届いて欲しいです

12月: スタッフ面談
以前のブログに書きましたが、
スタッフひとりひとりに、○○大作戦と名付けた仕事を任せようとしています。
その確認を兼ねて面談し、来年に向けた方向性を共有しています。しかしその一方、若手症例検討会のマンネリ化など厳しい指摘も受けており、来年に向けた課題が浮き彫りになりました。
色々な試行錯誤のなか、2022年に向けて体制を整えつつあります。

2022年も我々たるみ歯科クリニックでは、スタッフ一同、
親切・丁寧・安心・安全・誠実の5項目を、治療や患者さん応対の場面で意識してまいります。

最後になりますが、
当院の年末・年始休暇は、12/28~1/5(午前)となります (来年の診療開始は、1/5の午後からです)。
北海道や徳島など親元を離れて勤務しているスタッフがおりますので、長めの休みに関し、どうぞご理解ください。

それでは、2022年 もよろしくお願い申し上げます。

日々のつぶやき | 【2021-12-23(Thu) 20:22:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2021年を振り返る (前編)
兵庫県宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

今日は冬至。1年で最も日中が短い日です。
エネルギーが切り替わり(陰気が極まって、陽気に向かう)、リスタートする日と言われているようです。

そんな節目の日に、当院のこの1年を振り返ってみます。

1月: 後継者育成を視野に、副院長の宝塚市歯科医師会・入会をサポート
2月: より質の高い治療を行うため、顕微鏡を導入

現在は以下のように、
阪大保存科から派遣されている若手歯科医師とともに、顕微鏡を用いた治療が増えています。
保存Dr1

3月: G先生の卒後臨床研修・修了
4月: 新人歯科衛生士を1名採用、前・衛生士主任のTさん復帰
実習で来ていた学生さんから当院への就職を熱望されたので、予定はなかったけど採用しました。
でも、これが大正解
素直な性格とともに患者さんへの対応は予想以上で、本当に素晴らしい

その一方、来年1月末から秋にかけて、中堅の衛生士3名 が結婚や出産で離職することが決まりました

こういうこともあろうかと若手衛生士の教育を頑張ってきましたし、2人のママとなった前・主任が4月から復帰してくれました。来年困ることが少ないよう、今からひとりひとりが意識を高め、備えます。
今日も新人衛生士が、先輩たちのサポートのもとで練習していました。

来年予想される難局はチームワークで乗り切れると考えていますが、採用活動は引き続き行っていきます。来春の卒業予定者1名に内定を出していますが、
歯科衛生士や受付・歯科助手の募集はまだ行っておりますので、どうぞお問い合わせください。

5月: 自分やスタッフたちのコロナワクチン接種 (医療従事者枠)
6月: 兵庫県の大規模ワクチン接種に協力 (西宮市立中央体育館)
4月下旬に出された緊急事態宣言は6月下旬まで延長されました。
この頃、多くの当院スタッフが医療従事者枠でコロナワクチンを接種し、その後、私ともう1名の歯科医師は兵庫県の大規模接種に協力しました。

コロナ禍での緊張の日々のなか、私は自分の休日(火曜・日曜)に打ち手として出務していたので、本当に疲れました。実はこのあたりから、止めていたビール を復活させてしまいました...
しかし、冬至 を機にノンアル に戻し、身体年齢を若返らせます

2021年は変化に満ちていましたが、2022年に向けて準備する1年だったように思います。
後編に続く

日々のつぶやき | 【2021-12-22(Wed) 22:42:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SHINJOY
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

我らがTigersの大失速&CS敗退 は置いといて、
Fighters・新庄監督の “ビッグボス” 効果、すごいですね

既存の概念を打ち破るパワーと行動力は、
『本気で、楽しむ』っていう気持ち が源泉のように思います

一方、自分自身は毎日をなかなか楽しめてないな~と思い...
診療後、待合室(展示コーナー)の一部を、Fighters色にしてみました


スポーツバーみたいになってるけど、野球グッズをいじっている瞬間は、
本当に楽しい(笑)

野球&サッカー小僧 | 【2021-11-11(Thu) 13:01:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
○○大作戦
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

私は変革志向が強いので、現状に満足せず、『より良い歯科医院を創りたい』と、いつも考えています。
しかし、診療の最前線に身を置いているため、細かいところまで目が届きにくく、それを補うためミーティングなどでスタッフと意見交換しています。

ただ、なかなか思うようにいきません

医院の改善提案をスタッフに求めても出てこない... というある日、
出雲駅伝を見ていて閃きました
『○○大作戦』と名付けた提案書を出してもらえば、遊び心で改善方策がイメージしやすくなり、ハードルが低くなるのでは?と。

そう、青山学院・原監督のパクリです。

先日の院内ミーティングで、一人ひとりが担う作戦名を書いてもらい、いい感じになっています。

『DHいきいき大作戦』『誰でもティーチャー大作戦』『若手サポート大作戦』と名付けた元主任、総主任、主任の3人が、お昼に歯科衛生士(DH)教育に関する意見交換をしているのを見かけました。

また、『HP今ドキ大作戦』と名付けた1年目・2年目と副院長たちで、業者さんとHPのリニューアルに向けたミーティングを実施しました


その他にも、
『気配り・目配り・想いやり大作戦』とか『自分磨き大作戦』など、楽しみな作戦名が数多く出ています

それぞれのスタッフが作戦を遂行するなかで助け合い、一丸となり、
その結果、医院がより良いものになっていくと確信しています
手ごたえ、あり

医院変革・改装 | 【2021-10-29(Fri) 13:39:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日本歯科保存学会・秋季学術大会
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

コロナ禍で、日本歯科保存学会の学術大会は3回連続でWEB開催となりました。
保存学会
今秋の学術大会長は、阪大時代によく酒を酌み交わした野杁先生(新潟大学教授)。久しく会っていないので、現地で飲みたかったな~

なお、この学術大会に、当院の症例(歯科衛生士ポスターセッション)を出しました。
ブログ
(演者の顔写真 と名前は削除

ポスター提出期限が今週水曜、別の原稿締切が金曜だったので、忙しい1週間でした。
(自分は最後の最後まで推敲するタイプなので、いつもギリギリ...)

来週は、コロナ禍で見送っていた新人歓迎会(去年は2名、今年は1名が入職)を、小林の焼肉屋さんにて、少人数(若手症例検討会メンバー)で予定しています。

感染対策をしっかり取りながら、
徐々に、コロナ前の日常に戻していきたい

学会・セミナー関連 | 【2021-10-16(Sat) 22:50:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ADF 2021
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

今日の午後は、年に1回行われているADF(淡路島デンタルフォーラム)に参加するため、休診にさせていただきました。
昨年はコロナの影響で中止になりましたが、今年はZoomを使って開催

多くの歯科衛生士とともに医院で受講したのですが、新人から主任まで、みんな熱心に聴講していました。


楠歯科の30年以上の長期症例では、老いていく患者さん(50歳初診なら、現在80歳以上)に歯科医師・歯科衛生士として、どのように関わっていくのかを考えさせられました。

今年のADFは、治療経過だけでなく、患者さんとの『心の関わり』を感じる症例が多かったように思います。
プラークコントロールの変化は、心の変化という名言もありました。

ADFでエネルギーをいただいたので、来週からまた、全員で頑張ります

学会・セミナー関連 | 【2021-09-04(Sat) 18:20:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
自分を正当化する詭弁に…辟易する
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

今日、菅首相が『新型コロナ対策に専念するため、次の自民党総裁選挙に出馬しない』と表明されました。

前日まで出る気満々だったと報道されていたので、勝てそうにないと判断されたのでしょうか?
今日になって、『コロナ対策のために出ない』は、自己を正当化するための相変わらずの詭弁…と感じました。

自民党を見ると、やたらハイテンションの岸田さんより、ワクチン担当の河野さんの方がいいように私は感じますが、目の前の感染対策とともに、中長期的な日本の発展を任せられるリーダーの登場を望みます。

もう一度、立憲民主党をはじめとする野党に任せてみたら、どうなるだろう? 鳩山・菅時代の反省を踏まえ、枝野さんはしっかりやってくれるかな?

究極は、国会議員を減らし、党や派閥も解消し、
仕事ができる人たちのワンチームで、国を動かして欲しい

日々のつぶやき | 【2021-09-03(Fri) 23:23:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
また、緊急事態宣言...(8/20~9/12)
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

兵庫県にも、8月20日から緊急事態宣言が発出されることが今日決定したようです。
適用中のまん延防止等重点措置と何が違うのか理解しにくいし、そもそも緊急事態宣言で、感染拡大抑制に効果があるのか疑問です

でもこれ以上、国としての策はないんでしょうね

ちなみに、ワクチン接種は今も予約がなかなか取れないようです。
その一方で、さらに祭り(パラリンピック)をやるんや... と思います。

国民の意識と乖離した政治がこのまま続くとは思いたくないのですが、ほんとどうなるんでしょう

今年の夏、
新しくなった宝塚ホテルのビアガーデンで、昨年と今年に入った歯科衛生士の歓迎会をしたかったんだけどなぁ~

日々のつぶやき | 【2021-08-17(Tue) 20:50:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
祭り(TOKYO 2020)が終わって...
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

多くの方々と同じで、野球やサッカー、そして女子バスケやソフトボールに一喜一憂した2週間でした。

コロナ禍の中、心の底から楽しめたわけではないですが、
TVで放送されていれば、見てしまいますね。

しかし、祭りは終わりました
そしてこれからの1ヶ月で、日本の将来が見えてくるように思います。
『腹をくくる1ヶ月』になるかもしれません。

まず、コロナ新規感染者は増え続けており(死亡者数は少ないものの)、医療が逼迫しています。誰かが大規模災害時と同じで、『自分の身は、自分で守ろう』と言ってました。
東京では祭りをやってたのに…ね。
でも可能であれば、冬が来るまでのこの1ヶ月で収束に向かって欲しいです

また、10月下旬までに任期満了に伴う衆議院議員選挙が行われます。
ガースーの思いつき政治(先日の酸素ステーションってなんやねん)は勘弁してほしいけど、誰か他に代われそうな人がいるんかな?
挙国一致内閣みたいに、優秀な政治家(民間人を含む)が政党の枠を超え、団結して国の舵取りをお願いしたいです。

国の借金は膨れ上がっています。
そして他の先進国に比べて人々の所得は上がらず、日本は全体的に貧しくなっています。
こういうツケを、若者や子どもたちに回さないために、どうすればいいのか

コロナという短期的視点だけではなく、
国の将来を見据えた、長期視野を持つ政治家や民間人に出てきて欲しいです

そんなことを考えながら、明日から日常診療を再開
混沌とする世の流れのなか、自分たちに出来ることをコツコツ続けていきます。

日々のつぶやき | 【2021-08-15(Sun) 14:47:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ