たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
2020年を振り返って
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

本当に、本当に大変だった2020年がもうすぐ終わります。
そんな1年を漢字一文字で表すなら『気』でしょうか。

振り返ってみると、
1月に東京で講習(日本スポーツ協会・スポーツデンティスト養成講習会)を受けた際は、まだ他国の病として、新型コロナのことをほとんどにしていませんでした。

しかし、3月上旬あたりからマスクなどの物資不足が顕在化し、
緊急事態宣言が発出される4月には、コロナへの恐怖感がスタッフの間で、まるで空感染するように広がっていきました。

初めて経験する試練の中、素早い決断・ブレない姿勢が必要となり、
これをリーダーシップっていうんやなぁ〜と、他者視点で頭に浮かんだことを覚えています。

多少の迷いはありましたが、地域歯科医療を担うため、
感染対策当院の取り組みが出てきます)を高め、日常診療を(細々と)続けました。

当時のことは、コチラ をクリックしてもらうと出てきます。

ポジティブに捉えると、自分たちの使命を確認する良い機会になりました。
患者さんがコロナをにしながらも通院してくれる中、自分たちへの信頼感を実感するとともに、日々、感謝の持ちを高めておりました。

使命感以外にも、
コロナ禍があったからこそ、づけたことが数多くありました。
特に、今まで意識が薄かった生きること(スタッフとともに生き抜くこと)や職場を維持することが経営のベースであることを痛感しました。

しかし、コロナにやられてばかりではいけません。
合を入れて、この経験を生かします。
来年は、今以上に思考を柔らかくして、
時代の変化に合わせた良質な歯科医療を提供していきます。

まだまだコロナ禍は収まりそうにないので、皆様、日々気をつけながら、
どうぞ良いお年をお迎えください。

日々のつぶやき | 【2020-12-31(Thu) 18:55:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する