たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
予防が重要と考え、診療スタイルを変えた理由
兵庫県宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

今日のブログは、昨年春に徳島で行われた日本ヘルスケア学会主催の講演会(徳島ワンデーセミナー2019)で使用したスライドを基に書いています。

まず、自分の略歴を記します。
自己紹介
2003年3月に阪大教官を辞し、即開業。勤務医経験は無く、父親は会社員。
親が同じ仕事をしていると大変だと思いますが、その一方で、心強い面もあります。
実は、GW明けに開業するつもりで準備していたのですが、色々不安で2週間延長し、5月20日にオープン としました。

開業してからは、治療面では(俺、そこそこ手が動くで、と)自信 を持ちつつ、
でも、どうしても日々の仕事に疑問が...
ブログ用1

毎日・毎日、歯を削って・詰めて/被せて・あるいは抜いて...
しかもその多くが、再治療

“歯の修理屋さん”みたいなのが一生続いたら、自分は楽しくない
しかも患者さんは、誰も再治療を望んでいない。

日々の診療を通じて、“これからは自分の歯を大切にしよう ” と患者さんに感じてもらうとともに、これ以上疾患を生まないためのその人に合った=リスク部位をお互いに共有する)予防方法を伝えていきたいと考えるようになりました。
ブログ用2

予防の重要性を感じてもらう/知ってもらうためには何が重要か



重要なのは、口腔内写真やデンタルX線写真といった 記録
う蝕(むし歯)や歯周病(歯槽膿漏)は、多くの場合ゆっくり進行する慢性疾患なので、以前と比較できる(=同じ角度から撮影された)写真があれば進行の有無を診断でき、患者さんにも分かりやすく・伝わりやすい

今から約10年前、当時の現状に満足せず色々調べていく中で、
ヘルスケア歯科学会の認証診療所ステップアップガイドを参考に、医院を変えていきました
ブログ用3

当院では、同学会が推奨するように、初診時と、その後は数年ごとに口腔内写真やデンタルX線写真(10~14枚法)を撮影し、口腔内の変化を、定期健診を通じて診ていきます(=変化を診るメインテナンス)。
ヘルスケア
ヘルスケア2
記録がきちんと蓄積されてきた結果、
患者さんの歯磨きや生活習慣改善への意識が上がれば(疾患が慢性化して)停止することを、当院でも数多く経験できるようになりました。
また、記録がちゃんとあるので、患者さんにも正しく伝わっている(リスク部位を共有できている)と思います。

疾患を予防するうえで重要なポジションを担う歯科衛生士を、これからもしっかり育てていきます。
歯科衛生士育て方

それが『患者価値』につながると思うので。

ヘルスケア型予防歯科 | 【2020-08-10(Mon) 15:04:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する