たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
17歳になりました!
兵庫県宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2003年5月20日に開院した たるみ歯科クリニックは、今年で17歳となりました

数年先(20周年の時?)に、
『コロナの時は大変やったな~ 』と笑えるよう、
まぁまぁ密になってますが、マスクをつけて記念撮影


アフターコロナでは、
ZOOM等を使ったオンライン(セミナー・授業・会議)が主流になっていくでしょうし、密接を避け、人との距離を置く 傾向が強くなるでしょう。

しかしそんな時代だからこそ、
生きる力を支える生活の医療(大久保満男先生の定義)』を担う我々は、
気配り であったり、思いやり 優しさ 共感 といった、
人としての、ハートの部分が大切 になると思うのです。

これまでと同様、アフターコロナにおいても当院では、
治療技術の研鑽のみならず、スタッフの人間力を高められるよう取り組んでいきます。

なお、人間力向上に必要なことは、次の3点だと僕は考えます。
・ 人と接する際の観察力 (= その人の価値観などをイメージする能力)
・ 相手を理解し、自分たちの意図を伝えられるコミュニケーション能力
・ (読書などをベースに、自分自身の知識を増やす)探究力


新人歯科衛生士2名には、入職早々のコロナ禍でしたが、
先輩たちと一緒に勉強する時間を多く取れたのは、ある意味ラッキーでした。

僕も、物資が不足したり、緊急融資を申し込む中で、すぐに動いてくれる人・頼りになる人が見えました。
また、パートの方々に自宅待機を要請するなかで、これまで事務長や社労士任せにしていた労務関連のことを、自分自身で処理・決断しないといけなくなり、経営者視点が向上したように思います。


緊急事態宣言が解除された今、新しい生活様式を意識しながら、
そしてコロナ禍で得た知識と経験を活かしながら、ぼちぼち普段の日常に戻していこうと思います
スライド11

メンバーとの絆 | 【2020-06-09(Tue) 20:00:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する