たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
2019年を振り返る
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2019年の当院を漢字一文字で表すなら、 『活』
皆で生き生きと、活発に動いた1年でした。

そんな1年を振り返ってみますと、
1~3月は、娘の大学入試があって落ち着かない日々が続きました。
そんな中、京都でのペリオ・プランニングセミナーを受講するとともに、訪問診療のレベルを上げたくて尼崎のM歯科をスタッフと共に何回も見学させていただきました。

4月には、徳島でのヘルスケアワンデーセミナーで、阪下副院長・岡本衛生士とともに、当院の取り組みなどを喋る機会をいただきました。そしてGW前から、遅まきながら、医院のインスタ を始めてみました。

この時期、WEBでF先生と症例検討する機会に恵まれ、
元号が令和に変わった5月から、当院の多くの歯科衛生士にF先生の診療室での歯周基本治療を見学しに行ってもらいました。
またこの頃、青森のT先生にデンタルX線写真の位置づけや角度を再確認する機会にも恵まれました。こういう中で、自分たちの立ち位置や方向性が明確になってきたように思います。そして6月、方向性の違いが浮き彫りとなり、院内研修を長年お願いしていた東京のKさんから卒業することになりました。

7月・8月は院内での症例検討や9月のADF(淡路島デンタルフォーラム)に向けた準備が忙しかったように思います。ADFでは受付2名が『当院の初診カウンセリング』について発表し(審査員特別賞をいただきました)、本人たちの自信につながったように思います。8月末にはT先生が青森から医院に来てくれ、デンタルX線写真撮影装置を新しくするきっかけとなりました。

9月1日にふと閃いて、毎日のように飲んでいたビール を止めました。自分の身体に気を配るとともに、日々の生活を楽しむよう意識改革
そして、今年前半に教えてもらったこと・気づいたことを導入できるようスタッフとともに院内整備を進め、12月27日まで、日々の診療も含めてきっちりやり切りました。
あっという間の、そして中身の濃い2019年でした。

2020年は、これまでの変化・変革が一段落する節目の年となり、流れに乗れている人/そうでない人が明確に分かれてくるように思います。
流れに乗れていなければ、人手不足⇒労働環境の劣悪化あるいは収支バランス悪化⇒スタッフ離反による更なる人手不足...といった悪循環に陥ります。
当院では幸いスタッフに恵まれ、僕は日々の診療に集中できていますが、これからも少し先を意識しながら、ゆっくり着実に進んでいこうと思っています。

来年も、自分たちができることを精一杯頑張ります。新年の診療は、1月6日の14時半からです。

皆様、よいお年 をお迎えください。

医院変革・改装 | 【2019-12-27(Fri) 23:37:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する