たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
徳島ワンデーセミナー
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

4月21日(日)に、日本ヘルスケア歯科学会・徳島ワンデーセミナーで喋る機会をいただきました。
徳島ワンデー

夕方には徳島に入る必要があるので、お困りの方には大変申し訳ありませんが、
4月20日(土)診療は午前のみとし、午後は休診にいたします。

さて、ヘルスケア診療って何なん?と思われる方に向け、僕のスライドをupしておきます。
徳島ワンデーjpeg4
歯科の二大疾患であるう蝕(虫歯)と歯周病は、多くの場合、生活習慣に由来する慢性疾患なので、急速に悪化することは稀です。適切な口腔ケアと生活習慣の改善によって、進行が停止することも多いです。
ヘルスケア診療とは、病的部位を見つけてもすぐに削ったり・抜いたりせず、歯周基本治療を含むケアを施して口腔内の変化を診ながら、必要であれば治療介入するという長期視点に立った診療スタイルです。

なお、徳島ワンデーでも喋られる(僕らが尊敬する)藤木省三先生は、レベルの高いかかりつけ歯科医(ホームデンティスト・プロフェッショナル)のあり方を、次のスライドで表現されています。
ホームデンティスト
医療倫理という基盤の上に、以下に挙げる6つの柱があってこそ、質の高い歯科治療を患者さんに提供できる、という意味だと思います。
① (う蝕と歯周病に関する)病因論の理解
② (変化の有無を診断できる)規格性のある記録(口腔内写真、デンタルX線写真)
③ (歯科衛生士・受付・助手との)チーム医療
④ 歯科衛生士の育成
⑤ (う蝕と歯周病に関する)病因論に基づいた疾患のコントロール
⑥ (ひとりひとりの患者さんと)長くつきあいながら健康維持

いつも難解なことをおっしゃる藤木先生はジェダイ・マスターのようなので、我々のプレゼンはSTARWARS風のオープニングで始めよう!と思ってました。時間が足りないので止めましたが...。
ヨーダ

それはさておき、
僕がヘルスケア診療スタイルに転換しようと思った経緯を、ワンデーセミナーで使うスライドとともにお伝えしたいと思います。
続きを読むをクリックしてください。)



徳島ワンデーでは、
『ホームデンティスト・ビギナーからのスタート』というタイトルで喋ります。

平成元年に阪大歯学部大学院(保存科)に入り、その後、医員や助教として平成15年3月まで在職後、開業医での勤務歴がないまま、同年5月に宝塚市中筋で開業しました。
歯科衛生士2名は新卒で、受付を担当した妻も医療職未経験
まさに、ビギナーからのスタートでした。

徳島ワンデーブログ用jpeg1

徳島ワンデーブログjpeg2

多くの患者さんを診るようになって感じたことを、
上のスライド に示します。

予防を重視するなら、歯科衛生士を育てる必要があります。
予防歯科といっても色々なスタイルがあるなか、調べていくうちに、ヘルスケア診療が患者価値の高い『ほんもの』と映りました。
徳島ワンデーjpeg3
そこで2011年に初めて、歯科衛生士育成プログラム(東京)に5名の歯科衛生士を派遣し、翌年には同学会の認証診療所となりました。
の青文字部分をクリックすると、当時の資料が出てきます。)

現在は歯科衛生士・主任の山下と非常勤衛生士の落合が育成プログラムのインストラクターを務めており、院内で歯科衛生士を育成できる環境になってきました。

徳島ワンデーでは50分の持ち時間の中で、副院長の阪下先生と歯科衛生士・副主任の岡本も喋ってくれます。
徳島ワンデーjpeg5
僕は、イントロ(前座)担当

医院の変遷をスタッフ目線で語ることで、リアルに伝わるのでは?と考えています。
多くの参加者に響く プレゼンにしたいです

ヘルスケア型予防歯科 | 【2019-04-17(Wed) 19:25:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する