たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
あり方
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

平成18年4月から、歯科医師の臨床研修制度が必修化されました。
歯科診療に従事するには、6年かけて歯学部を卒業し、国家試験合格後、大学や我々のような協力型研修施設で1年間の臨床研修を終えなければなりません。
まぁ、一人前になるまで、けっこう大変なんです。

さて先日から、阪大の6年生が、卒後の研修先を探すため見学に来ています。そんな時は見学の前に、仙台ワンデーのスライドを使って我々の考えを伝えます。

仙台ワンデー4
このスライドで伝えたいのは、
我々の立ち位置が大学病院と違って、地域の方々の家庭医(ホームデンティスト)であり、その正しい“あり方”(=臨床医としてのあり方)は、患者さんのことを大切に考え、利他の精神を持ち続けること

次に、このスライド。
虫歯(=う窩)や歯を失った部分(=欠損部)があると、
多くの歯科医師は、『どのような材料を使い、どのように治療するか?』という方法論に意識が向きます。
仙台ワンデー2
でも、もっと大切なのは、
う窩や欠損部が生じた原因を考え、これ以上同じことが起こらないよう患者さんとともに予防していくことだと、僕は考えます。
我々は『歯の修理屋さん』ではないし、“治したら終わり” じゃないのです。


そんな話をしながら、僕が考える “若手歯科医師に必要なこと” も伝えています。
仙台ワンデー6
スライドに挙げた項目は研修医だけでなく、多くの歯科医師に意識して欲しいもので、特に、自分の軸を持つことは本当に重要です。

軸が定まればブレないし、迷うことが少ない から。

ヘルスケア型予防歯科 | 【2017-08-26(Sat) 18:20:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する