たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
3年前の今日
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

3年前の今日(2014年7月8日)、心房細動に対する治療(カテーテル・アブレーション)を、梅田の病院で受けました。

手術とは、自分の身体を、医師に“委ねる”こと。
そこに至るまで自分の中で様々な葛藤がありましたし、大げさですが、手術前日には遺書っぽいものを書きました
当時を振り返ると、最後は、“この先生なら委ねられる”という信頼感だけでしたね。

僕の主治医は、患者さんそれぞれに真摯に向き合い冷静沈着に、自分にできるベストを尽くしていました。
そういう姿を見て、僕の人生観や臨床観が変わりました。

『歯科』の仕事は、人の命に直結する『医科』とは少し異なりますが、“患者さんからの信頼に応える”という点は同じ。
当院でもスタッフ全員で、一流の医師と同じように、患者さんに真摯に向き合いたいと思うのです。

しかしそう考えると、
僕を含めたスタッフ全員の『心と体のゆとり』 が必要です。

現在、保育園に子どもを預けているスタッフが夕方に帰るため、それ以降の人員が足りません。また、先日結婚したチーフが1時間以上かけて通勤している現状も、ワークライフバランスの観点から気になります。
時には “歯を食い縛って頑張る”ことも必要ですが、今は短時間ではあるけど常態化しているのを危惧しています。

“歯科医院は遅くまで診療している”という常識を覆し、『働き方改革』に着手する時期に、我々の医院は来たのだと思います。

患者さんのこと、スタッフのワークライフバランスのこと、医院の将来像など色々考え、少しだけ終業時間を早くすることにしました。
遅い時間にしか来れない患者さんには大変申し訳ないのですが、
10月下旬から、平日の受付最終時間を、17時半にいたします。

なお、土曜は今まで通り夕方まで診療しておりますので、
平日の17時半までに来院できない患者さんは、可能であれば、土曜にお越し頂きたいと思います。

正式な発表は、このようなブログではなく、文書にして患者さんに配布いたします。
様々な反発も予想されますが、このような方向で動いていきたいと思います。

なお、僕の心臓に関しては、
術後経過に全く問題なく、薬も飲まずに過ごせていますので、ご心配なく。


医院変革・改装 | 【2017-07-08(Sat) 19:39:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する