たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ヘルスケア診療とは? そのⅠ
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

淡路島デンタルフォーラム(ADF)の準備で忙しかったのですが、それと並行して、症例報告を作成しておりました。
2016症例報告論文
日本ヘルスケア歯科学会誌に投稿予定のこの論文、シルバーウィークに仕上げ、編集委員宛てに送付
自分の手を離れる瞬間はチョー気持ちいいのですが、日々の診療に加えての執筆は疲れます

しかし、ヘルスケア歯科学会の設立趣旨であったり、削って詰める従来の歯科治療を否定する会のスタンスに共感するため、できる限り関わっていきたいのです。

以下に、学会HPに記載されている僕の好きな文言をコピペしました。
当院の指針でもあります。
.....................................................................
従来の、むし歯を見つけて削って詰めてかぶせるという歯の治療は、長い一生を考えると老化を早め、快適な生活にとって必ずしもプラスにはなっていません。
むし歯や歯周病は、少しの気づかいと専門家のサポートでほぼ確実に予防できます。
初期であれば自然治癒も可能です。進行してしまうと、削ってかぶせる治療が必要になりますが、そこで再発を予防すれば、同じ失敗は繰り返さないですみます。
この研究会は、そのような歯科診療を拡げ、地域住民の健康を高めるために、スタッフぐるみで勉強し、臨床研究を重ねるために設立されました。

.....................................................................
これから数回、『ヘルスケア診療とは?』というタイトルで、ブログを書いていこうと思います。


ヘルスケア型予防歯科 | 【2016-09-27(Tue) 22:39:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する