たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
2015年を表す漢字は、『礎』
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2015年の診療が昨日で終わりました。新年の診療は、6日の午前から、通常通り行います
(1/5は、メディカルダイアローグの院内研修と全体ミーティング)

年末年始で、もしお困りごとがある場合は宝塚市歯科応急診療所に、そして外傷を伴う緊急事態の場合は、大阪大学歯学部附属病院への受診をお勧めしております。あるいはLINE@で相談でも。
何も起こらないのが一番ですが...。

さて、毎年ブログで医院の1年を総括しており、今年も振り返ってみます。

年頭のブログで、今年意識する漢字は、『実』 と書きました。
堅実に・確実に、やるべきことを実行する、『実』。

この1年間、やるべきことの多くを実行できたと思いますが、やるのは人です。
今年は3月・4月にスタッフの新陳代謝がありました。しかもこの数年、結婚・出産・退職があって(女性が大半を占める職場の宿命です)、開業からの苦労を知るメンバーが少なくなってきました。
そういう中で、副院長や主任・副主任のおかげで皆の自覚が高まり、新人や中堅の成長もあり、2015年の後半から良いチームになってきたと思います。
スタッフ自らが考えて動くようになり、理想の状態に近づきつつあります。
人の成長を感じ、手ごたえを感じ始めた1年でした。

医院は、開院して12年が経ち、今年5月で13年目。
12年をひとつのサイクルとして考えると、今年、新しいステージに入ったと言えます。
そういう意味で、2015年の我々を表す漢字は、『礎(いしずえ)
一生懸命頑張ってきた12年間で礎(=基盤)ができ、次の12年(継承への12年)に向け、チームはさらに成長(成熟)していくでしょう。

仕事納めの後は、ラウンドワンでボーリングを行い、リフレッシュ
2015ボーリング
来年に向け、しばらく頭と体を休めます。

それでは皆様、よい年をお迎えください

日々のつぶやき | 【2015-12-29(Tue) 12:00:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する