たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
試行錯誤
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

8月の院内セミナーでお話いただいた大阪の諸井先生は、数年前、こんなタイトルの本を出版されました。

この著書の中で書かれている、『なぜ、その方は今回、歯医者に行って治療を受けようと思ったのか?』
あるいは、あちらこちらに歯科医院がある中で、『なぜ、その方は、この歯科医院を選んだのか?』という視点が僕には斬新で、初診カウンセリングを行うきっかけになりました。

患者さんは歯のお困りごとを抱えて来院されるのですが、その背景には必ず、様々なストーリーがあります。
我々の初診カウンセリングでは、患者さんのストーリーや希望・要望をじっくり聴き、そして質問を交え(= 訊く)ながら、我々にできること/できないことと照らし合わせ、これからどうすべきかを患者さんと一緒に、カウンセリング担当者が考えていきます。

ただし、ご期待やご希望に沿えず、他院を紹介せざるを得ないことも多々あります。
そういう時は、非常に心苦しい。

例えば、夜の時間や土曜日は、いくら工夫しても非常に予約が取りにくい現状があります。ここしか通院できない患者さんで、かなりの箇所で歯が崩壊している場合は、治療期間が極めて長くなります。
ただし、あまりに治療期間がかかるようですと、患者さんのためになりません。
そんな場合、今までは近隣の歯科医院への受診を勧めてきましたが、最近、阪大・歯科保存学教室の後輩が逆瀬川で『吉武歯科クリニック』を開設したので、必要であれば吉武先生にお願いしようと思います。(先日、吉武先生から患者さん紹介カードを頂きました

初診カウンセリングだけではなく、初回の検査結果から治療計画を詳しくお伝えする時間(セカンド・カウンセリング)やセカンド・オピニオンの時間を新しく作ろうと考えているところですし、その他にも色々試行錯誤をしています。仕組み作り(妄想?)が好きですね、僕は。上手くいかないことも多いけど...。

例えば、キャンセル待ちの仕組み。これは上手くいってるとは言えません。
キャンセル待ちを希望される患者さんには、その日の朝9時までにフリーダイヤル(0120-648-795)へ電話をしていただき(留守録に名前と連絡先を入れてもらう)、当日キャンセル待ちをエントリーしてもらう仕組みは患者さん目線じゃないのか、受付に直接電話される方が多い...。やっぱり留守録じゃあかんかなぁ...。

また、医院の固定電話(82-6480)を、内容によって振り分ける(ビジネスフォン)に変え、つながりやすくしたはずなのですが、電話の件数が多い日は留守録に切り替わってしまうことが多い...。

“ちょっと気になる”とか“ちょっと聞きたい”ことも、今は電話で問い合わせするしか手段がないため、電話の件数が多くなります。
もうちょっと患者さんとの“つながり方(= 連絡手段)”を、何とかならんかな?と思い、今、Line@に興味を持っています。

予約の変更やキャンセル待ち、ちょっとしたお困りごとを、患者さんがLineで医院に問い合わせできるようになると、次のようなメリットが考えられます。
① Lineは、スマホにアプリを入れると、すぐにできる。患者さんはメッセージを極めて簡単に送れる。
② 患者さんが負担している医院への電話代が不要になる。
③ 固定電話(82-6480)の使用頻度が下がる。(=医院の電話がつながりやすくなる)
④ 受付担当者は、不定期にかかる電話に悩まされることなく、また自分たちの都合のいい時にLineで返信できるので、仕事がよりスムースになる。

ただし、先日の母親教室でアンケートを取ってみたけど、Lineの使用者は半分以下...。
これが少々意外だったけど、Line@を導入してみようと思います、9月中に。

日々のつぶやき | 【2014-09-07(Sun) 17:23:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する