たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
予約が取り難い原因は、僕でした!
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

歯科は、医科と違って急性疾患が少ないため、予約制での治療が主体となります。
当院では、おかげ様で数多くの方々から支持を頂き、予約が混みあっております。
現在通院中の方々を優先しておりますが、それでも予約は2週間以上先に、初診の方では1ヶ月以上先になるので、キャンセルが出たら当院から連絡する“キャンセル待ち”をお勧めしている現状です。

このような状況を少しでも改善すべく、スタッフ・ミーティングを繰り返しております。
ただし現状の一因に、僕の外科的治療が増えていることが挙げられました。


例えば今日の午前中、僕は約2時間かけて、歯の移植手術を行っていました。
これが術前のパノラマX線写真。

そして術後のパノラマX線写真です。

破折して保存不可能な左上第一大臼歯を抜歯し、左上の智歯(=親知らず)を、同部に移植しました。余っている智歯があれば、ブリッジやインプラントよりも歯牙移植を考えます。

一方、歯牙移植の数日前にはインプラント手術を行っていました。この写真が術前。

そしてこれが術後。半日かけての手術でした。

埋入したインプラントがこれから数ヵ月後にきっちり骨と結合すれば、この患者さんは長い間使ってきた(取り外しが煩わしい)入れ歯から解放されます。

なお、骨が少ない難症例は、日本インプラント臨床研究会でお世話になっている中野喜右人先生に紹介させて頂いております。そして比較的簡単な症例で、患者さんの希望があれば、僕が全力でインプラント手術を行います。安心で安全なインプラント治療を受けていただけるよう、指導医との密な連携をしているのです。

外科手術を行う場合、十分な時間を確保する必要があります。
手術は木曜日を基本に行っておりますが、これが原因で一般治療の予約が取り難くなっています。当院での処置を希望される方々には、予約が先になってしまい本当に申し訳なく思っております。
しかし、ひとりひとりの方にベストの治療を、時間をかけて丁寧に行っておりますのでどうぞご理解ください。よろしくお願い申し上げます。

臨床写真 | 【2010-07-08(Thu) 21:33:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。