たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
祭りが終わって...2010。
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

南アフリカでのワールドカップ、予想以上に盛り上がりました。ワールドカップは続いておりますが、日本は敗退し、今日から7月。2010年の後半戦に入りました。

そして当院では、阪大・歯科医師(K先生)の臨床研修が始まりました。今日もさっきまでディスカッションしていたのですが、これからの8ヶ月間の研修で、大学では意識しにくい“ヘルスプロモーション型歯科医療”を体感して欲しいと思います。

なお、ヘルスプロモーションをはじめとする“当院の6つのこだわり”を、新しいHPで掲載する予定ですので、暫しお待ちください。

当院では今年を、next stageへのstep up元年と位置づけています。
組織図を作り、役割分担を明確にして、ミーティングなどコミュニケーションを深めてきた結果、皆が責任感を持ち、生き生きと輝きながら仕事する“いいチーム”になってきました。手ごたえ十分です!
これからも充実した毎日になるよう、時間を大切にして、クリエイティブな仕事をしていきたいですね!

さて、サッカーを語りますと...


2010年の南アフリカ大会を日本は、予選リーグを2勝1敗(E組2位)で突破した後、決勝トーナメント1回戦でパラグアイに0-0・PK戦(5-3)で敗退しました。

4年前、ドイツ大会・予選リーグ敗退後に書いたブログでは、ゴールに向かい・点を取れる選手を育成して欲しい!と書きましたが、それが今回は本田選手になりました。ドイツ大会では世界レベルとの差を痛感しましたが、今回は組織としての守備力が、ある程度(ベスト8以外)世界に通用することが実証されました。4年後のブラジル大会に向けては、“個人の資質と攻撃力”が課題になるでしょうね。

パラグアイ戦での日本は、球際の競った場面で倒れる場面が数多くあったけどファールを取ってもらえず、危ない場面を招きました。個々を見ると、本田と中沢は重要な場面では簡単に倒れませんでしたが、その一方、ドリブルで突進しては簡単に倒され/倒れ、アピールだけしている選手も見受けられました。

必要なのは、“世界基準”を体感している選手です。このチームから何人が世界に羽ばたくか?
岡田監督が言うように、“Jリーグに出た後、カラオケ歌ってる”ようでは世界を目指せません。特に今回は、中沢・闘莉王のセンターバックが機能したことが大きいのですが、2人の年齢を考えると、4年後は不安です。岩政がスピードアップできるか?/内田が進化するか?/あるいは若手の台頭はあるか?

サッカーだけでなく、すべての仕事において、現状に甘んじず、志高く、常にイメージを増やして・レベルアップを意識することが必須ですね。

野球&サッカー小僧 | 【2010-07-01(Thu) 21:23:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する