たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
14歳
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2003年5月20日に開業した当院は、先日14歳となりました。

そのお祝いと、阪大・保存科から派遣される2名の歯科医師の歓迎会を兼ねて、
先日、逆瀬川のPISOLA (←クリックしたらPISOLAのHPに飛びます) に行きました。
リゾート気分を味わえる内装と料理、とても良かったです。
14周年

7月からは阪大の、12月からは岡大の研修医を受け入れることになっており、その2名も来てくれました。
歯を診るだけでなく、患者さんの気持ちにも配慮できる臨床医を育てたいですね

2017年後半の目標は、たるクリ・スタイルの確立

スタッフそれぞれが同じ目線で判断・診断できるよう、
変化を診るメインテナンスを軸にしたヘルスケア型診療を、我々の形 (たるクリ・スタイル) に仕上げていきたいと思っております。

ヘルスケア型予防歯科 | 【2017-06-06(Tue) 22:23:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
当院の歯科衛生士ライフ
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

先日書類を整理していたら、2014年に衛生士の野島さんが作製してくれ、その年の求人票に添付した
『私たちの衛生士ライフ』というプリントが出てきました。

衛生士ライフ
クリック すると大きくなるのですが、今見ても、本当によく出来ています。

約2年前のプリント内容と比べてみると、常勤が2名、非常勤(パート)が1名増えました。しかも写真の歯科衛生士たちは、今もほとんどが在職しています。

歯科衛生士が長く勤務する秘訣を教えて欲しいと、よく同業者から聞かれるので、
僕が重視していることを以下に挙げてみます。

① 翌日に疲れを残さないよう、19時までに終わる。(当院は、残業が皆無)
② ワークライフバランスを考え、休みが取りやすいよう配慮する。
③ スキルアップできるよう、勉強する時間を確保する。(休診にして、院内研修)
④ 同じ目線を持つ人たちと交流し、症例発表などを通じて自己成長を促す。
⑤ チームワークを大切にする。

なお、歯科衛生士の国家試験が、今年は、3月5日に行なわれます。
受験生には、体調管理に気を配り、精一杯がんばって欲しいです

追記:
2018年5月に、当院は15周年を迎えます。
10周年はスタッフの家族も一緒にUSJで遊びましたが、15周年はそれを超えるものを企画中です。
我々と一緒に、15周年に向けて頑張ってくれる歯科衛生士を募集します。
応募あるいは医院見学に関するお問い合わせは、HP求人情報欄の応募フォーム、あるいはメール(office@tarumi-dc.com)でお願いいたします。

ヘルスケア型予防歯科 | 【2017-02-08(Wed) 13:19:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ホームデンティスト考 - 3
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

我々の立ち位置である『ホームデンティスト』に必要なスキル(技術)を僕なりに考え、ワンデー大阪セミナーで伝えました。


まず必要なのが、患者さんの主訴を解決できる、歯科医師の治療技術
そして、治療した部分が長持ちする精度の高さも必須です。
そこに時間軸を意識した診断能力とコミュニケーション能力が備われば、患者さんが安心できる歯科医療の提供が可能となります。
これこそが 『ホームデンティスト』だと、僕は考えています。

研修医を含め若手歯科医師には自分のレベルを上げられるよう、どんどん勉強して欲しいですし、僕も負けないよう、心技体を含め、バランスよく研鑽していきます。

なお、ホームデンティストが従事するヘルスケア型歯科医院では、スタッフ全員によるチーム医療が基本です。
当院であれば、
診断と治療は歯科医師が、定期メインテナンスや歯周基本治療は歯科衛生士が、患者の予約管理や窓口会計は受付が、器具の滅菌や清拭は歯科助手が、口腔内写真などのデータ入力は手の空いたものが行っています。

うちに見学に来られた方々から、よく、こんなお褒めの言葉を頂きます。
『指示待ちのスタッフが全くいない  皆が自分で考え、テキパキ動いて本当にスゴイ

当院は開業して14年目。ようやく軸がしっかりしてきました。

僕が考えるチーム医療の秘訣は、3つの『合わせる』です。


と、まぁエラそうなことを書いていますが......

>>続きを読む
ヘルスケア型予防歯科 | 【2016-12-21(Wed) 14:15:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ホームデンティスト考 - 2
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

僕が尊敬する藤木省三先生(神戸市開業)は、
『我々の立ち位置は、ホームデンティストである』とおっしゃり、
『みんなで真のホームデンティストを目指そうよと提唱されています。

その流れで、千里ライフサイエンスセンターでのセミナーのキーワードが、『ほんまもん』となりました。
ワンデー大阪2

そこで僕の発表では、まず、
“ほんまもん”と、その反意語である“パチもん(バッタもん)”の境目を考えてみました。

2ワンデー

スライドに示したように、その境目は、『誠実』であったり『真摯』という言葉で表されると思います。
そして、患者さんのことを大切にする(大切に考える)姿勢が、“ほんまもん”の最低条件だと考えます。

さらに、“ほんまもんのホームデンティスト”とは?という問いに対して、以下のスライドを示しました。

1ワンデースライド

このスライドに、当院が目指すものが集約されています。

ヘルスケア型予防歯科 | 【2016-12-08(Thu) 20:59:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ホームデンティスト考 - 1
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

12月4日(日曜)に、千里ライフサイエンスセンターでの日本ヘルスケア歯科学会・ワンデー大阪セミナーでお話をする機会を頂きました。


セミナーのテーマは、『ほんまもんのホームデンティストが目指すチーム医療』
ワンデー大阪2

そこで自分のタイトルは、
『ぼちぼちいこかぁ ~みんなで目指すほんまもん~』としました。
ワンデー大阪1

45分間の発表では、最初と最後を僕が15分ずつ喋り、真ん中の15分は歯科衛生士の津田と野島がリアルな裏話を語ってくれました。

『ほんまもん、とは?』、『ホームデンティスト、とは?』、『チーム医療に必要なもの、とは?』など、
自分の中で整理できたことを、これから数回に分け、スライドの一部を添付しながら書いていこうと思います。

ヘルスケア型予防歯科 | 【2016-12-06(Tue) 23:12:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ