たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
歯科衛生士へのX'mas プレゼント
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2017年は、今日を入れてあと10日。
当院は27日で今年の診療を終えるため、残り診療日数は4日となりました。

来年は、6日から診療を始めますが、
19日(金)の午前は、院内研修のため休診といたします。

今日、院長サンタが、
来年の院内勉強会や研修で使用する参考図書を、歯科衛生士にひとりずつプレゼントしました。

この本、『やさしい治癒のしくみとはたらき』というタイトルですが、極めて難解...
表紙のイラストに惑わされてはいけません

我々は、来年の研修目標を『知識を整理する』としており、歯科衛生士とともに読み込んでいきます。
まずはこのイメージから。


院内研修 | 【2017-12-22(Fri) 13:40:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今年最後の院内研修
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

12月15日(金)は午前を休診にして、今年最後の院内研修を行ないました。
今回は外部講師に頼らず、僕と阪下先生から小児・成人で診るべきポイントと治療計画の立て方を、落合衛生士からはメインテナンスで意識すること・考えるべきことを伝えました。
12月院内研修
講演歴のみならず著書も数冊ある落合衛生士の講話と立ち居振る舞いは、
神戸常磐大学や行岡保健衛生学園から来ている実習生(歯科衛生士学科2年生)にも勉強になったと思います。

この研修には、結婚・出産のため5年前に当院を退職したHさんが子どもを連れて参加してくれました。2011~2012年に歯科衛生士育成基礎コース(日本ヘルスケア歯科学会、東京)へ派遣した5名のうちのひとりで、来年から週1回程度の復帰予定。戻ろうと思ってくれたことが本当に嬉しいです。

実は、今年の最初は不安だらけでした。
歯科衛生士のNさんが4月に、歯科医師のYさんが6月に、歯科技工士のYさんが7月に退職することが決まっており、歯科衛生士のYさんも8月から産休...
主力がどんどん抜けていく中で本当にラッキーだったのは、落合真理子さんというスーパー歯科衛生士が5月に、8月には歯科衛生士のTさんが加わったこと。しかも求人誌などを介したのではなく、どちらも相手からの問い合わせが始まりでした。

人が入れ替わる中で確信したのは、スタッフが学べる・成長できる教育環境を創ることが最重要だということ。平日の時短(18時半過ぎに終業)も、その観点から取り入れました。

患者さんとの関わりの中で仕事へのやりがいは感じるでしょうが、伸びしろがある20代の若手(特に、技術職である歯科衛生士)には、それだけでは不十分です。
臨床視点であったり治療スキルなど、知識と技術を習得する時間と職場環境が必要だと思うのです。

この数ヶ月でスタッフそれぞれの自覚や責任感の高まりを感じており、歯科衛生士チーフのTさんが来年2月に産休に入ることへの不安は少ないです。
また、来年4月には意欲的な新人歯科衛生士が加わりますので、これまで同様、大切に育てていこうと思います。

しかし来年から近隣施設への訪問診療が予定されているため、
歯科衛生士はあと1~2名、受付担当者も1名必要です。
興味のおありになる方は、ぜひ当院HPの求人欄 (← こちらをクリックしてください) をご覧ください。

いいご縁がありますように

院内研修 | 【2017-12-16(Sat) 18:11:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
院内研修
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

11月17日(金)の午前は、院内研修のため休診にさせていただきました。
今回の講師は、デンタル クレンリネス プロジェクトの小林宏さん。


当院の定期的フロアメインテナンスもお願いしている小林さんは、歯科に特化しており、その知識はすごいんです。

小林さんに数多くの質問をするスタッフに心強さを感じました。

当院の診療器具に関する滅菌は、スポルディングの分類に基づき、最高レベルで行っていると自負していますが、院内清掃や清潔度にもこだわっています。

スタッフそれぞれが、今まで以上に医院の清掃や清潔度に気を配れるようになると、
各々の観察力が向上し、
患者さんのちょっとした言葉や表情の変化に気づき、より良い問診や応対につながると考えています。

なおこの日は、院内研修と午後診療が終わった後、2週間に1回の若手歯科衛生士との症例検討会がありました。
時短したので、19時前という早い時間から行えています。
ファイル 2017-11-18 18 26 51
近所のローソンで、飲み物と軽食を買って

院内研修 | 【2017-11-18(Sat) 19:15:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
先が見えにくい世の中だからこそ
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

先日の終礼でスタッフの皆には述べたのですが、世の中が混沌とし始めたように感じます。

先月末に日銀がマイナス金利を導入しましたが、どのような結果になるのか、誰も分からないのではないでしょうか。事実、今週月曜に出ていた週刊ポストの見出しでは『日本株は大反騰寸前!』とありますし、週刊現代では『世界経済同時株安・まだここは底じゃない』と正反対の書き方でした。
僕には今回のマイナス金利が、1ドル=120円台を維持して、株価もアベノミクスも維持したいという超短期的な視点(あるいは実験的な視点)しかないように感じます。消費税の増税が行われる来年4月まで持ってくれれば、あとはなるようになれ、みたいな。

中国経済の減速は明らかで、原油安もあってロシアをはじめ、多くの国がおかしくなっています。
アメリカの大統領選候補者指名争いでも、自らを“社会主義者”と称しているサンダース氏が、アイオワ州でヒラリー・クリントン氏と大接戦。今までのアメリカでは考えられない結果で、格差社会に対する民衆の不満が顕在化してきたと感じます。

これからどうなっていくのか分かりませんが、世界の(日本の)現状を個人で変えるのは難しいし、心配しても何も生まれない。
こういう時こそ、自分ができることに集中しましょう。

自分ができることとは、
自分の価値を高めようと努力することであり、人の役に立つ仕事をすることだと、僕は思うのです。

>>続きを読む
院内研修 | 【2016-02-02(Tue) 22:50:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
院内研修
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

お困りの患者さんには申し訳なく思っているのですが、
当院では月に1回、第3金曜日を休診にし、外部講師を招いてのスタッフ研修を行っています。

8月お盆明けには、メディカルダイアローグの尾谷先生に来ていただき、
『どうなりたいと思っているか、相手の望みを訊いてみよう!』と、問診ワークを行いました。歯科医師・歯科衛生士のみならず、受付・助手も含め、全員で受講。

来年1月までのメディカルダイアローグ研修を通じて、患者さんへの働きかけが上手にできるようになればいいな~と思っています。
我々のような予防型スタイルでは、患者さんに、自分自身の健康感を高めてもらうことが肝要。働きかけとは、患者さん自らが生活習慣を改善できるよう、そっと後押しすることです。

また、予防型の歯科医院では、歯科衛生士を育てることが必須。
2~3か月に1回、東京から熱血歯科衛生士に来てもらい、鍛えてもらっています。
この日は、たまたまTigersスタッフの方から黄色のユニフォームを頂いたので、バット持って、ハイ・ポーズ


その流れで、バット片手に症例検討をしています。
いつも以上に体育会系でした...。
すでに1名、泣いてます...


こういう研修を通じて、スタッフが成長していきます。
先日は、23年続いているADFスタッフミーティングで、当院の野島さんが新人教育について発表


そして見事、MVP


ADFスタッフミーティング参加者の集合写真です。
多くの医院と交流できる場を持つ(持ち続ける)のが、院長の仕事のひとつ。

スタッフに支えられながら、その一方で、スタッフの成長を感じながら、今、楽しく仕事ができています

院内研修 | 【2015-09-17(Thu) 19:22:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ