たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
シーズンシート@甲子園球場
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

最近読んだなかで、響いた本


一度しかない人生だから、楽しむことも必要
しかも男性の健康寿命は73歳弱。自分に置き換えたら、あと○○年…

残された時間は思ったより少ないから、やりたいことは、すぐやるべき
そんな風に考え、前から興味のあった甲子園のシーズンシートを、今年、初めて購入しました


球団スタッフから新規購入は難しいと聞いていたなかで、3塁側ではありますが、いい席をゲットできました
自分だけじゃなく、医院スタッフやスタッフの家族、業者さんにもお渡しでき、みんな喜んでくれます

ちなみに僕が行ったのは今まで4試合で、その半分は交流戦

ベンチ前でキャッチボールするマーくん #18


北海道日ハムの選手とともにバットを手にするBIG BOSS #1

拡大すると、こんな感じ


試合開始直前には、出場する選手たちと記念撮影


BIG BOSSは自由な雰囲気で、ホント楽しんではる
SHINJOY (SHINJO + ENJOY) っていう造語を思い出しました

愛しのタイガース | 【2022-06-11(Sat) 22:39:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022年・プロ野球開幕
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

昨日(3月25日)プロ野球が開幕し、我らが阪神タイガース は京セラドームで燕軍団と戦いました。

ご存知の通り、
糸井・中野・佐藤輝などの活躍で8-1と大量リードしたものの...
8回・9回でリリーフ投手が打たれ、8-10で逆転負け

気になったのが、
ピンチの場面でピッチャーに声をかける場面が少なかったこと。

また、ベンチで矢野監督に進言するコーチがいないようにも感じました

チーム内(選手・コーチ・監督・裏方スタッフ)でのコミュニケーションを高め、
選手が燃える・戦える雰囲気を作り出せれば、去年以上の成績(=優勝 )は可能だと思うんです

選手個々の能力は高いはずなので

年間143試合のうち、あと142試合が残っています
昨日の反省点を活かし、今日からの試合につなげて欲しいです


愛しのタイガース | 【2022-03-26(Sat) 13:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
矢野監督・全力応援宣言
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

日本プロ野球では2月1日から沖縄や宮崎などで春季キャンプに入りました。
その前日、阪神ファンには衝撃的なニュースが...


そんな決意を秘められていたとは露知らず、
1月下旬、歯の話をしながら、『あと10年、監督することないでしょ 』と矢野さんに言ったら、苦笑いされました...


その時いただいた本が、これ


キャンプ前日に退任発表をされたことへの否定的な意見が多いようですが、今回の表明は今シーズンに全集中する覚悟から出たと思うので、私は今年のタイガースの試合とともに人間・矢野燿大さんの生き様と采配を目に焼き付けたいと思います

いただいた著書にもあるように、“今日” という日は帰ってきません。
矢野監督は今まで以上に、1日・1日を大切にされると思うので、私たちも監督と同じように、昨日の自分に負けないよう頑張ります

なお当院では今年、甲子園球場のシーズンシートを初めてゲットしたこともあり、矢野燿大監督と阪神タイガースを全力で(球場では静かに)応援します

愛しのタイガース | 【2022-02-16(Wed) 19:42:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日刊スポーツ・藤川球児引退特集号
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

昨日、日刊スポーツから、藤川球児引退特集号(450円)が発売されました。


その中刷りには、このようにファンからの写真が掲載されているのですが、

なんと
当院の写真が、5枚も採用 されていました

たるみ歯科の院長やスタッフの写真、探せますか
後日、院内に掲示する予定ですし、よろしければコンビニなどで、特集号をご購入ください


>>続きを読む
愛しのタイガース | 【2020-11-13(Fri) 17:22:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
たっすいがはいかん (藤川球児投手への想い)
兵庫県宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

当院待合室の一角には、Tigersをはじめとする様々な野球グッズを展示しています。


このショーケースを作ったきっかけは、
先日、今シーズン限りでの引退を表明された藤川球児投手から、2010年にユニフォームをいただいたことにあります。

メジャーに挑戦するような大投手からいただいたユニフォームは、ちゃんと飾らねば!と

今から10年前、こんなふざけた写真も撮らせていただきました。

チャーリーズエンジェル風に(笑)
という我々のリクエストに応じていただき、感謝感激
時間は24時前だったけど...


また、球児投手には、ことあるごとに厚かましくお願いして、一言入ったサインボールをいただきました。

2011年1月が、『挑戦』
2012年1月は、『花 咲かす』
そして2019年12月には、『志』

土佐藩の坂本龍馬が、常識にとらわれず様々な動きをしたのと同様、球児投手もMLBに挑戦し、四国アイランドリーグ(独立リーグ)からのNPB復帰で現在に至ります。
サインボールの言葉には、その時・その時の決意が感じられます。

引退後も坂本龍馬のように、時代の流れに敏感に、そして常識にとらわれず、人のために動き続けて欲しいです。
ただし、ファンとしてはあと5つ、節目のセーブ数はクリアして欲しい
本人には、興味が薄い数字だと思うけど...

なにはともあれ、40歳まで投げ続けたこと、本当にお疲れ様でした。
ダイナミックな投球フォームからの火の玉ストレートは、我々ファンの記憶に残り続けると思います。

引退報道直後にメールしたら、“大往生です”と返信がありました。
そのやり取りの中で球児投手にも送った、当院ツイッターのスクショを貼っておきます。

それにしても、寂しいなぁ~

愛しのタイガース | 【2020-09-03(Thu) 20:18:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ