たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
明けましておめでとうございます。
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

さて、色々な想いがあって、以下の文章は常体(だ・である調)とします。
**********************
年末に書類の整理をしていると、自分が2歳の時に遭った事故に関する新聞記事が出てきた。
運
一昨年に他界した父の机の中にあり、捨てるに捨てられず...書類に紛れていたようだ。

当時のことは、叔父の著書で少しばかり触れられている。

母は、僕を庇いながら建材(山陽新幹線神戸トンネル工事のトラックからの荷崩れ)の下敷きになった。
聞くところによると、叔父は医師国家試験の前日、僕と母(叔父にとっては姉)の事故を聞き、救急病院に駆けつけた。母は、内臓損傷と全身の多発骨折で助からないとされ放置されていたが、脈が僅かにあったため、叔父が救急担当医師に『諦めずに、助けてくれ!』と言い、処置してもらった。僕は、頭部の外傷により脳や左目に後遺症が残る(最悪、左は失明)可能性が高いと言われていた...。

それから48年。
後遺症もなく、僕は歯科医師として仕事ができている。地域の方々との関わりだけでなく、研修医を含めた後輩の育成にも力を注ぎ、縁あって阪神Tigersとも関わり続け、充実した毎日を過ごしている。
もちろん、母も元気に生きている。

事故の日に叔父が来てくれなければ...
少なくとも母は、今、この世にいないであろうし、僕は道を外れていたかもしれない。
運が良かったのである。

一方、この記事を残していた父は...
診療録を後日改ざんするような三流病院に運ばれ、合併症という名のエラーで命を落とした。
運が悪かったでは済まされないが、これも運命だと思うようにしている。

父の件を教訓にすると、自己管理の重要性が挙げられる。
タバコを止められず、糖尿病もコントロールできず、その結果、心筋梗塞が起こった。
本人はもうちょい生きたかったと思うけど、何かが起こった時に医師に委ねても、その時、いい医師に巡り合うかどうかは運次第。

だから、自覚症状がなくても信頼できる医師(病院)に、(人間ドックを含めて)定期的に診てもらうことが大切で、
さらに重要なのが、病気にならない体づくり(=自分自身の体への気配り)だと僕は考えている。
これは歯科においても同じ
**********************

まぁ、こんな背景があって、こんな風に考え、日々の治療と予防に取り組んでおります。

患者の皆さんには、何かが起こってから医師に身を委ねるのではなく、
日ごろから、自身の健康への配慮と、禁煙をはじめとする自己管理をお願いしたいと思います。

年頭から重い話を書いてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

日々のつぶやき | 【2016-01-06(Wed) 19:39:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2015年を表す漢字は、『礎』
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2015年の診療が昨日で終わりました。新年の診療は、6日の午前から、通常通り行います
(1/5は、メディカルダイアローグの院内研修と全体ミーティング)

年末年始で、もしお困りごとがある場合は宝塚市歯科応急診療所に、そして外傷を伴う緊急事態の場合は、大阪大学歯学部附属病院への受診をお勧めしております。あるいはLINE@で相談でも。
何も起こらないのが一番ですが...。

さて、毎年ブログで医院の1年を総括しており、今年も振り返ってみます。

年頭のブログで、今年意識する漢字は、『実』 と書きました。
堅実に・確実に、やるべきことを実行する、『実』。

この1年間、やるべきことの多くを実行できたと思いますが、やるのは人です。
今年は3月・4月にスタッフの新陳代謝がありました。しかもこの数年、結婚・出産・退職があって(女性が大半を占める職場の宿命です)、開業からの苦労を知るメンバーが少なくなってきました。
そういう中で、副院長や主任・副主任のおかげで皆の自覚が高まり、新人や中堅の成長もあり、2015年の後半から良いチームになってきたと思います。
スタッフ自らが考えて動くようになり、理想の状態に近づきつつあります。
人の成長を感じ、手ごたえを感じ始めた1年でした。

医院は、開院して12年が経ち、今年5月で13年目。
12年をひとつのサイクルとして考えると、今年、新しいステージに入ったと言えます。
そういう意味で、2015年の我々を表す漢字は、『礎(いしずえ)
一生懸命頑張ってきた12年間で礎(=基盤)ができ、次の12年(継承への12年)に向け、チームはさらに成長(成熟)していくでしょう。

仕事納めの後は、ラウンドワンでボーリングを行い、リフレッシュ
2015ボーリング
来年に向け、しばらく頭と体を休めます。

それでは皆様、よい年をお迎えください

日々のつぶやき | 【2015-12-29(Tue) 12:00:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
初診患者さんとの対話
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

我々の診療室では、患者さんが虫歯や歯周病を防ぐ生活習慣を身につけ、
(口が健康になる=生活習慣の改善によって)全身の病気も防いで欲しいと考えており、疾患の予防に力を入れています。

しかし、正しい歯磨きであったり、禁煙や運動、食生活を含めた生活習慣改善は、やるのは患者さん本人
如何に、自分でやってもらうか、そして継続してもらうか。

子どもに勉強させるのと同じ側面がありますね。
子どもが、自分で勉強しようと思わない限り、長続きしないし、結果も伴わない。

さて、患者さんのやる気スイッチを探し、スイッチを入れてもらうには、伝え方や話し方に工夫が必要。
当たり前ですが、病状や現状などを伝える時に専門性の高い話をするよりも、分かりやすい喩話や身近な話しをすると分かりやすい。
そして、対話の中で出てくる患者さんの言葉に敏感になる(言葉の意味を合わせる)ことが、とても重要です。

今日、初診で来られた患者さんは、日々の生活を大切にしているとのことだったので、日々の生活とはどういう意味?と尋ね、食事や会話という単語が出てきました。

なるほど。
じゃあ、食事や会話するのに必要なのは、何だと思います?
そう、歯ですよねみたいな流れができました。

歯がないと食事は取りにくいし、発音にも影響が出ます。
日々の生活を大切にするために、歯を大切にしましょう。
正しい歯磨きを毎日意識して欲しいです
と伝えたところ、いい反応があったように思います。

ぜひ、今日お伝えした歯磨きのコツを、お家でも継続して欲しいです。

日々のつぶやき | 【2015-12-05(Sat) 17:22:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今年の抱負:漢字一文字で表すと『実』
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2015年になりました。
昨年(2014年)の年頭ミーティングで、
2015年を、“時代の変革期で、二極化がさらに進むかも?”と予測し、
2014年はそれに備える1年にしましょう!と伝えました。

この予測が当たるかどうか分かりませんが、今年が平穏で安泰な1年になるかというと...どうでしょう?

ただし悲観的にならず、受け身にもならず、主体的に行動すれば大丈夫。
自分を磨き、自分の価値を高めることで、どんなことでも乗り越えていけると思うのです。20年前、我々が阪神淡路大震災を乗り越えてきたように。

これからは『価値の時代』
誰もが、価値を感じたものにしかお金を払いません。 価値がないと判断されれば、見向きもされません。
今年は、これがハッキリしてくると思います。

では、『価値』って何でしょう?

>>続きを読む
日々のつぶやき | 【2015-01-12(Mon) 20:12:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
冬休みは読書!のはずが...日曜診療
新年 明けましておめでとうございます。

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2015年になりました。
皆様、いかがお過ごしですか?

僕は、年始から読書の毎日。
しっかり時間があるので、これまで苦手というか、興味が薄かった会計の本を読み、ノートにまとめ、理解を深めようとしています。特に、この本は分かりやすい!


年末の診療では、痛くなる可能性がある患者さんにLINEでの連絡方法(お店トーク機能)や僕の連絡先をお伝えしていました。
幸い何も連絡がなく、“あ~よかった”と思っていたら、さっき虎の裏方・DさんからSOS
10年以上前に入れた冠の周囲が腫れているとのこと。野球関係の方は痛がりさんが多いのですが、話を聞いていると、緊急性が高そう

そして先ほど冠と金属の土台を外し、根の治療を行いました。
1週間近く閉めていたので、診療室は底冷え 寒い~

明日はダスキンさんにWAX掛けをお願いしており、診療は火曜からになります。
本年もよろしくお願いいたします。

日々のつぶやき | 【2015-01-04(Sun) 16:22:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ