たるみ歯科クリニックの紹介

たるみ歯科クリニック・チームたるクリ!


宝塚・中山の歯科/小児歯科。大阪大学小児歯科とも連携。JR中山寺駅近、駐車場25台。
なるべく抜かない・削らない
治療を心がけ、予防を重視。
伊丹、川西、西宮からのアクセスも良好で、阪神タイガースの選手も多数来院されます!

>>クリニックのHPはコチラ

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
過去の日記(カテゴリー別)
過去の日記(月別)
ブロとも申請フォーム
一途一心
2019年になりました。
あけましておめでとうございます。
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

当院では院内ニュース(たるみ歯科通信)をスタッフが毎月交代で作成しています。
( クリックすると、過去のものを見れます

遡ってみると、2011年1月から始めていたので、8年間継続 してきて、9年目に入ります。スタッフを統括してくれている阪下副院長に感謝です。

なお毎年、年頭の挨拶は僕が担当しており、今年も書き上げました
たるみ歯科通信2019年1月3
クリックすると大きくなります)
今年は、『一途一心』という言葉を胸に、スタッフとともに心をひとつにし、信頼されるホームデンティストとして、ひたむきに頑張ろうと思います。

『一途一心』は、心臓外科医である天野篤先生の座右の銘で、著書のタイトルにもなっています。
私も好きな言葉です。

そして先日、阪神Tigers矢野燿大・新監督の記事をスポーツ報知で見た際、そこに掲載されている監督のサインにも、『一途一心』の文字が

矢野監督とつながった~ と、勝手に妄想しちゃいました
そのうえ、厚かましく、おねだりしちゃいました
サイン色紙補正後2
矢野燿大監督、ありがとうございます

実は昨年末、矢野監督からLINEスタンプの購入依頼があり、当院のLINE@に登録していただいている1300人を超える方々に、次のように送信させていただきました。


ぜひブログをご覧の皆様も、39矢野基金の主旨にご賛同いただき、活動支援の一環であるLINEスタンプのご購入をお願いしたいと思います。


それでは今年も、スタッフ一同、来院される皆様の健康を守り育てることができるよう、一途一心に取り組んでまいります。本年もよろしくお願い申し上げます。

愛しのタイガース | 【2019-01-09(Wed) 20:33:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今年を漢字一文字で表すと、『伸』
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

今年最後のブログです。
この1年を振り返り、漢字1文字で表すなら、『伸』かな、と思います。

『伸』は、うちの弟の名前でもありますが、
この1年、スタッフそれぞれが、本当に伸び(= 成長)ました。それぞれの仕事に対する責任感の高まりを感じます。

私も、いくつかの執筆や発表を依頼され、これらを通じて自分のこれまでを振り返り、これから必要なことを考えることができました。さらに、金本知憲さんの野球殿堂入りを祝う会に呼んでいただくといったサプライズもあった、充実した1年でした。

来年は、まずは4月に行われる徳島ワンデーセミナー(50分の発表)に向け、医院全体で頑張ります
9月のADF(淡路島デンタルフォーラム)にも、久しぶりに参加・発表しようかと考えています。

5月には元号が変わり、10月には消費税が増税されます。
時代の変革期を感じながらも、やるべきことに集中して、質の高い歯科医療を提供できるよう、スタッフ全員で来年も頑張っていきたいと思います。

ブログをご覧の皆様、2019年もよろしくお願いいたします。

日々のつぶやき | 【2018-12-30(Sun) 19:39:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
野球殿堂入りを祝う会
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

10月末のブログで、金本前監督・野球殿堂入りを祝う会の招待状が届いたことを書きました。
そして今月11日、緊張しながらも リッツカールトン大阪まで行ってまいりました



800人を超える方々が参加された祝賀会では、最初は孤独感が強かったのですが、
猿木・元チーフトレーナーなど知人を見つけ、面識のなかった江本孟紀さんやアニキのお兄ちゃんとも喋ることができ、想像以上に楽しめました。

数日前、祝賀会の引き出物を、医院の待合室に飾りました



いい感じに収まったな~ と、自画自賛

愛しのタイガース | 【2018-12-22(Sat) 13:50:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2018年(後半)を振り返って
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

前回のブログからの流れで、今年の後半も振り返ってみます。

7月から、大阪大学歯学部研修プログラムに沿って、M先生の研修が始まりました。彼は非常に人あたりが良く、臨床医向き
訪問診療にも興味があるようで、毎週水曜、チャーム宝塚中山への訪問に同行してもらってます。患者さんから信頼される歯科医師になれるよう、来年2月までの研修の中で、(コミュニケーション能力は十分にあるので)、診断力と技術力を伸ばしていきたいと思います。

8月は、スポーツ歯科書籍の校正、ヘルスケア歯科学会誌の論文査読、阪大保存科同門会誌への投稿など、診療後のデスクワークに追われました。

9月は、4日(火)に台風の直撃が予想されたため、休診にすることを前日の昼に決めました。開業16年目にして初めての難しい決断でしたが、今年は台風や大雨の影響で、三田方面からのスタッフの出勤や帰宅が困難になることが多々あったことが背景にあります。来年は自然災害の少ない平穏な1年となって欲しいですね。

10月に、小児歯科のH先生が産休に入りました。さらに2名の小児歯科医が産休に入る予定であることをスタッフに伝え、医院の方向性を一致させるようミーティングを行ないました。

11月23・24日のヘルスケアミーティングに向けて8月下旬から準備を始め、9月上旬には埼玉・三重・愛媛・神戸の先生方と当院で直接議論し、その後もWEB会議で打ち合わせを重ねてきました。当日は、いいプレゼンができたように思います。

また24日の午後は、同じ会場で禁煙支援の講習があり、当院の歯科衛生士が多数参加しました。

そして12月から、岡山大学歯学部研修プログラムに沿って、O先生の研修が始まりました。4ヶ月という短い研修期間ですが、彼自身が臨床医としての手ごたえをつかめるよう、指導していきたいと思います。

今年の診療はあと2週間。
最後まで、親切・丁寧に、ひとりひとりの患者さんに接していきたいと思います。

日々のつぶやき | 【2018-12-13(Thu) 22:06:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2018年(前半)を振り返って
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

暖かい毎日が続いていますが、立冬を過ぎ、今年は残り1ヶ月半
当院ではいろいろ動きのあった1年なので、備忘録として、まず今年の前半を振り返ってみます。

新しいチャレンジとして、1月から近隣(医院から徒歩1分)の介護付き有料老人ホーム(チャームスイート宝塚中山)への訪問診療を始めました。歯科衛生士とともに出来ることをやっていますが、自分たちの臨床の幅や視野が広がってきたように思います。

2月には、長年チーフをしてくれた歯科衛生士の津田が産休に入り、新しいチーフに山下を据えました。日本ヘルスケア歯科学会歯科衛生士育成プログラムインストラクターを務める山下は、自分より年上や同期の衛生士と協力して、若手を積極的に指導してくれています。その結果、10人以上在職する当院の歯科衛生士たちが、それぞれ自立してきたように感じます。

3月は、私がいくつかの原稿に追われるなか、時間をひねり出して歯科麻酔専門医のクリニック(東灘区)まで何回か出張し、外国人選手(ドミニカ出身)の治療を行いました。色々な意味で、よい経験となりました。

4月には、新人歯科衛生士が1名加わりました。彼女は、我々が学生実習を受け入れている神戸常磐大学の出身で、1年生の時に当院で実習を行い、チーフの津田に憧れ就職を希望しました。残念ながら津田とはすれ違いとなりましたが、近い将来、産休から復帰した津田に成長した姿を見てもらえると思います。

5月は、スタッフ全員でるり渓温泉にてBBQをし、宿泊できる人はそのまま宴会で、医院の開業15周年を祝いました。来月(12月)から研修医として加わる岡山大学のO先生も、わざわざ足を運んでくれました。
また5月下旬には、会計事務所からの依頼で、開業支援セミナーの講師を務めました。真のホームデンティストを目指して欲しい!という気持ちから、お金の話じゃなく、臨床医としての心構えとか医院の理念を中心に話をしました。
ある書籍に、『ほんもの』とは、“存在そのものが、誠実である” と書かれています。我々は、常に 『ほんもの』でありたいと考えており、そのためには、理念や心構えが大事だと思うのです。

6月は、横浜での歯科保存学会や日々の診療で忙しいなか、組織作りのための様々なミーティングを院内で行っていました。時々、思いついたフレーズを手帳に書くのですが、『流れに身を任せず、自分で流れを作る!』 と書いてありました。

いろいろなチャレンジをしてきた2018年の前半を振り返りながら、残り1ヶ月半、今年の最後の最後まで、ちゃんと過ごしていこう!と思っております。

日々のつぶやき | 【2018-11-09(Fri) 20:43:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Big Surprise
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。


いやー サプライズ って、こういうことなんですね

突然の招待状、テンションMAXです


>>続きを読む
愛しのタイガース | 【2018-10-31(Wed) 21:07:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スポーツ歯学の本が完成!
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

前回のブログで、夏休みの宿題に例えながら、スポーツ歯学の原稿を依頼されたことを書きました。
一生懸命頑張ったものが、9月末、第一歯科出版社から発刊されました

上半分カット1

歯科医師のみならず、スポーツ関連の指導者にも参考になる点が数多く掲載されています。
よろしければ、アマゾンなどで、ポチッと  

学会・セミナー関連 | 【2018-09-30(Sun) 20:35:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
夏休みの宿題
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

久しぶりのブログです。
15周年を節目にブログを止めようかと思ったのですが、備忘録として、季節ごとには書こうかと思い直しました。

さて、今はどうか分かりませんが、僕が育った高松市は、9月1日が2学期の始業式。
ということは、今日の8月31日に、宿題を仕上げないといけない...。

僕の小学校時代、この日は、おばあちゃんまで絵画を手伝ってくれての長い1日でした...。8月最後は苦しい思い出しかありません。

あれから約40年...
今年の、僕の夏休みの宿題は、これ。
スポーツ歯科

9月下旬にスポーツ歯科の本が出版されるようで、執筆者のひとりとして誘っていただきました。
ありがたいことですが、日々の診療をしながら文章を書くのは、けっこう大変...

8月25日ごろまでに加筆・修正があれば...という出版社の再校正依頼に対し、推敲を重ね、26日(日曜)の夕方に送ることができました
締め切りを1日オーバーに抑えることができ、自分の中では小学校時代より進歩したかな?と  

あとは編集者や出版社が頑張ってくれます。
けっこう真剣に書いたので、仕上がりが楽しみです

愛しのタイガース | 【2018-08-31(Fri) 21:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
15周年
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

2003年5月にスタートした当院は、先月20日に15周年 を迎えました

結婚や出産などで医院を離れた元スタッフから、それに合わせた素敵なプレゼントをいただきました


オープニングスタッフの新卒歯科衛生士2人は、現在、2児あるいは3児のママ

日本ヘルスケア歯科学会のニュースレターに、
たるみ歯科クリニックの“これまで” と “これから” クリックすると出てきます) というタイトルで寄稿しましたが、ゼロからのスタートの中、この2人が一緒に頑張ってくれたから今があります。

また、医院の軸をヘルスケア診療に定めることができたのは、多くのスタッフが支えてくれたおかげです。


これまでの15年を振り返ると、様々な試行錯誤を繰り返してきましたが、医院の軸が定まってからはブレることが少なくなったように思います。
でも気がつくと、自分の子どもと同じ年代のスタッフと一緒に仕事するようになり、院内ミーティングで使った以下のスライドのように、2周目に入った感覚です。
2017年9月全体ミーティング
1周目から一緒に走っている 阪下副院長、坂本副院長とともに、
16年目に入っても、 “ぼちぼち いこか”、と思います。 “ほんまもん” を目指して。

ワンデー大阪1
(2016年ワンデー大阪セミナーでのスライドより)

メンバーとの絆 | 【2018-06-09(Sat) 13:15:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
開業セミナーの講師を引き受けて
宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。

5月末に、歯科器材メーカーのモリタと税理士法人FIAが企画する開業支援セミナーにて、90分喋ることになりました。
歯科医院、成功するクリニック作りをお伝えします!パンフレット

成功するクリニックって何なん?と考え、自分の中で、「自己充実」と「他己評価」という結論に至りました。

自分がやりたいことをやれる環境を作ること(=開業)が独善的なら、周りの人のためになりません。医院運営が成功するには、地域の方々やスタッフからの信頼が必須です。

セミナーでは開業前の先生方に、『人の役に立つ(患者さんやスタッフから信頼され、感謝される)診療を/開業をしようぜ!』と伝えようと思います。

学会・セミナー関連 | 【2018-05-15(Tue) 20:36:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ